PLANTS

ドラセナ

ClipboardImage
名称 ドラセナ Dracaena
別名 チャボトウジュロ ヨーロッパウチワヤシ
分類 キジカクシ科ドラセナ属
原産地
熱帯アジア〜アフリカ



概要

熱帯アジア〜アフリカに約50種類が分布する常緑性の樹木の総称で、個性的な姿、様々な葉の色や模様の種があります。
観葉植物として親しまれ、多くの品種が流通し栽培されています。
細い葉に白や赤などの筋が入るシャープな印象のコンシンネ、幅広の葉を持つ優しい印象のフレグランスなどがポピュラーです。
ハワイのフラダンスの腰蓑に使われる「Ti Leaf(ティリーフ)」もドラセナの仲間です。



メンテナンス

・「幸福の木(マッサンゲアナ)」は葉が幅広く汚れがつきやすいので、拭くか水で洗い流すなどして葉の表面をきれいに保ちます。
・室内管理の場合は風通しのよい明るい窓辺で育てます。
・夏は葉焼けを防ぐため直射日光を避けて明るい日陰で管理します。
・5月〜10月の間、緩効性化成肥料を2か月に1回与えます。
・観葉の専用土か、水はけと水持ちの良い肥沃な土で植え付けます。
・こまめに葉水をかけ、ハダニやカイガラムシの発生を防ぎます。


ClipboardImage
ClipboardImage