PLANTS

オリーブ

ClipboardImage
名称 オリーブ Olea europea L.
別名 オリーブノキ カンラン
分類 モクセイ科オリーブ属
原産地
インド北部〜中東、モロッコ、地中海沿岸など



概要

一年中、季節を問わずに緑葉をつける常用樹なので、観賞用として、とても人気のある樹木です。
大きい果実は含油率が低く、塩蔵用として、小さいものは含油率が高く、オリーブ油用に使われるのが特徴です。
旧約聖書のノアの箱舟から、放った鳩がオリーブの枝をくわえて戻ったことで、地上に平和が戻ったとわかり、そのことから、平和の象徴、幸福を呼ぶ木として親しまれています。



メンテナンス

・乾燥している土壌を好みますが、日差しの強い時間帯は根を痛めるので、朝夕時の涼しい時間帯に水やりを行います。
・日当たり、風通し、水はけ、水持ちのよい場所を好みます。
・オリーブは病害虫に強い植物ですが、炭疽病、梢枯病などの強い感染力を持った病気や、オリーブアナアキゾウムシが発生することがあります。
・他家受精するので、2種類以上の品種を植えないと結実しません。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage